映画【ドラゴンクエスト ユア・ストーリー】の感想とネタバレ!嫁や結末はどうなったのか!?

映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」
映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」公式サイトより引用

この記事を読むのに必要な時間は約 24 分です。

2019年8月2日に公開された最新作映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」。
早速見に行ってきましたのでネタバレ有りの感想とレビューをしたいと思います!

この記事は

  • ネタバレありで映画全体のあらすじが知りたい!
  • 原作や移植などドラクエ5のゲームが好きな人は満足できるの?

という事を知りたい方だけ読んで見てください!

総評
ドラゴンクエスト5のストーリーを元にしたSF作品。音楽や美しいCGや知っているキャラクターが活き活きと活躍している姿を観ることによって、ドラクエ5やドラクエシリーズに対して、ファンなら懐かしさを絶対に感じられるはずなので、ある意味で観て損は無い。そして、改めて「ドラゴンクエスト」という作品の素晴らしさを感じられる。(ただ映画自体のストーリーが素晴らしいとは言っていない。)
つまり、「原作のドラクエ5のストーリーの映像化」という認識で観る場合、なんとも言えない気分になるだろう。ただ、私はドラクエの音楽や世界観、キャラクターが大好きなので、それが映画館で体感できたので観て良かったなと思える作品でした。
良かったところ
  • ドラクエ5以外に他のシリーズの音楽も使用されていて、ドラクエの世界観に浸れる
  • 3DCGで見るバトルシーンや呪文、景色は圧巻!
  • 声優の演技に違和感が感じられない
  • ドラクエのキャラクターが活き活きと動いている姿
  • 主人公石化時の主人公の子供(アルス)とサンチョの裏での活躍シーンが補完されている
残念なところ
  • ドラクエ5のストーリーを元にした別作品
  • 主人公の性格がおちゃらけていてヘタレ(ユア・ストーリーだから仕方ないけど…)
  • 主人公と他のキャラクターとの人間関係はカットされているので、あまり感情移入できない
  • フローラがキービジュアルで大きく取り上げられているもののあまり出てこない
  • ゲーム好きな大人を否定する内容が含まれている

【ドラゴンクエスト ユア・ストーリー】の公式に掲載されているあらすじ

少年リュカは父パパスと旅を続けていた。 その目的は、ゲマ率いる魔物たちに連れ去られた母を取り戻すこと。 旅の道中、遂にゲマと遭遇し、魔物たちと激しい戦いを繰り広げるパパス。 しかし一瞬のスキをつかれ、リュカが人質にとられてしまい、手出しができなくなったパパスは、リュカの目の前で無念の死を遂げる――

それから10年。故郷に戻ったリュカは「天空のつるぎと勇者を探し出せば、母を救うことができる」というパパスの日記を発見する。 父の遺志を受け継ぎ、リュカは再び冒険の旅にでることに。 立ちはだかるいくつもの試練、そしてビアンカとフローラ、2人の女性をめぐる究極の選択。 果たして冒険の先に待ち受けるものとは!?

映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」 公式サイトより引用

【ドラゴンクエスト ユア・ストーリー】の全体の流れ(もろネタバレ)

あまり重要そうではない場面は省いています。

  • 幼年期〜奴隷時代
    幼年期〜奴隷時代まではストーリーほぼカット
    映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」

    パパスとの旅のシーン
    映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」公式サイトより引用

    • 少年期のビアンカとの出会いや、キラーパンサーのイベントはダイジェスト的な感じでサラッと見せてほぼカット。
    • パパスやサンチョとサンタローズ滞在から開始。大人の自分にドラゴンオーブすり替えられるイベントは顕在。
    • ラインハット城ヘンリー王子誘拐からパパス死亡までサラッと終了。大神殿での奴隷生活の場面から始まり、大神殿から逃げ出した先でプサン(マスタードラゴン)と出会い、少しの間お世話になる。
  • 青年期
    結婚イベント
    映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」フローラへのプロポーズシーン

    フローラへのプロポーズシーン
    映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」公式サイトより引用

    プサンのツテを借り、リュカとヘンリーはビスタの港へ船で送り届けられる。そして、ヘンリーとはラインハットで別れ、リュカはサンタローズの自宅へ戻り、パパスの日記を読むことになる。そして、天空の勇者を探す旅に出る決意をする。(その最中に、キラーパンサーのゲレゲレやスライムのスラりんがサラッと仲間になる。)

    ルドマンが天空の剣を持っているのでサラボナに向かうと、ブオーンが暴れている。ブオーンを倒したらフローラと結婚できるらしい。(火のリング・水のリングを手に入れるくだりではなく、ブオーンを倒すというシナリオに差し代わっている。)
    ルドマンはリュカに天空の剣を授けようとするが、天空の剣は既にブオーンに盗まれてしまっていたので、リュカはブオーン討伐に向かう。

    ちなみに、フローラとリュカは元々知り合い設定。フローラはリュカの事を好きな描写有り、リュカもフローラが好きっぽい描写が有る。

    ビアンカと出会ったリュカ

    ビアンカと出会ったリュカ
    映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」公式サイトより引用


    討伐に向かう際にサラボナの宿屋でビアンカと出会う。ビアンカと協力してブオーンを討伐。そしてブオーンが仲間になる。←

    リュカはブオーン討伐後にフローラにプロポーズし、フローラと結婚する流れになるのだが、
    その夜に、フローラが占い師のババアに変化してリュカの宿屋を訪れ、「本当はビアンカが好きなのでは?本当にフローラと結婚を選んで良いのか?」と確認され、「自分の気持ちに正直になれる薬」を渡される。

    本当はビアンカが好きだということに気付いたリュカはビアンカにプロポーズし結婚。子供もできた頃にゲマ達に襲撃される。
    グランバニアのくだりはカットで、城自体も出てこないです。
    子供は男の子(アルス)のみです。

  • 青年期
    主人公の石化〜ゲマ討伐
    ゲマ討伐シーン

    ゲマ討伐シーン
    映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」公式サイトより引用

    ゲマに襲撃され、リュカは石化。ビアンカは天空人だとゲマにバレて大神殿に攫われる。
    (天空人は魔王ミルドラースの封印を解く力を持っているとゲマは思っているため。)
    しかし、天空人ではなくマーサのみがミルドラースの封印を解けることになっている。
    結局、ゲマに反抗したビアンカはゲマに石にされる。

    リュカが石化中、アルスとサンチョでストロスの杖を探しリュカは8年ぶりに石化が解ける。
    アルスは天空の剣を抜き勇者となる。兜や盾、鎧などの他の天空防具は出てこない。

    ビアンカとマーサを助けに山上の大神殿へマスタードラゴンのプサンの力を借りて行く事になる。
    ドラゴンオーブが無いのでドラゴンに戻れないと言うプサンのために、妖精の女王に力を借りて過去へ。
    子供の頃の自分からドラゴンオーブを摩り替えて無事ドラゴンオーブをゲットする。

    マスタードラゴンに乗って、山上の大神殿へ行きビアンカの石化を解き、家族総出でゲマ達魔物軍と戦争。
    途中でヘンリーやサンチョ・ブオーンが参戦。マーサはゲマに焼かれて死亡。

    ゲマを討伐直前まで追い込むが、ゲマがマーサの力を取り込みミルドラースを復活させる。
    ミルドラースの復活を阻止する為にアルスが天空の剣を使ったところで世界がフリーズする。

  • XXX期
    ゲームの世界と現実世界
    VR空間が破壊され現実に戻されそうになるシーン

    VR空間が破壊され現実に戻されそうになるシーン
    映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」公式サイトより引用

    ミルドラースが復活するかと思いきや、VRゲームやゲームにハマってる人が嫌いだと言うハッカーが送り込んだウィルスが登場し、ゲーム世界の崩壊が始まる。

    そこで、リュカは自分が現実世界でドラクエ5のVRゲームを遊んでいるユーザーだと言う事を思い出す。
    VRゲームを遊ぶ前に、「リュカと言う名前を設定し」、「幼少期イベントはスキップ」、「フローラと結婚ルート」等、事前に設定をしていたのだった。

    ウィルスは「ゲームの世界は非現実的なものだ。作り物の世界に捕われず、現実に戻れ。ゲームにしがみ付いていないで大人になれ。」的な内容を主人公に訴える。

    しかし主人公は、ゲームは実際には存在しない世界かもしれないけど、確かに自分の中に存在するもう一つの世界で、大切な思い出や気持ちが詰まっている世界なのだと力説しゲームを消させないよう抗う。

    ここで突然、同行していたスラリンが自分はアンチウィルスだから、ウィルスを退治ができると登場。
    主人公のゲームプレイヤーとしての熱い想いとアンチウィルスの力で、ウィルスを無事撃退する。

    ウィルスの影響がなくったので、主人公は元のドラクエ5VRの世界に戻る。
    そして、無事に今回のドラゴンクエストもクリアした主人公なのであった。

【ドラゴンクエスト ユア・ストーリー】見てきた感想!

ざっくり言うと、今回の映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」ですが、
「ゲーム好きな大人がVRゲームの世界を壊そうとするコンピューターウィルスからゲーム世界を守るお話」。

現実世界の主人公が、VRゲームでドラクエ5の世界を体験している設定です。
この映画に出てくるVRゲームがあったら面白そうだなーとラストシーンを観つつ思っていました!笑

ラストのシーンは、もう少しどうにかならなかったの?って感じです。着眼点が違うというか…
多分ゲームで感動した事がない人が想像して作ったのかな?って感じのまとめ方でした。

3Dグラフィックはすごい綺麗でした。ドラクエ好きな人は観て損はないと思います。
ギガディンを唱えるシーンとか、「おお〜」ってなったし、キャラクターの表情や戦闘シーンも活き活きとしていて、楽しく映画を観る事が出来ました!

そして何より、BGM!ドラクエ5以外のBGMも使用されていて、とても良かったです!本当に良かった!!
使いどころがおかしいなーとは思った部分もあるのですが…笑

最後に、、
ユアストーリーだもんね!!!しょうがないよね!

わたしが想像していたドラクエ5の主人公は、もう少し凛々しい性格をイメージしていたよ…
まあ、リアルの人間がプレイしていると考えたらヘタレなのもしょうがないよね。。

もうユアストーリーというキャッチは逃げ道なのかな?とも取れてしまう映画のストーリーでしたが、
特に残念なのが、主人公の性格でした。

苦難を乗り越えてきた主人公の空気感は多分観れませんw

ルーク
また観たいと思ったけど、観たい理由はドラクエが好きだからって理由かな…BGMが映画で聴けたの凄いよかった…

【見所1】戦闘シーンや魔法エフェクト、BGMが最高に良い!

あのおなじみの魔法がバンバン出てきて、あのおなじみのキャラが活き活きと動きながら戦う。
さらに聴き馴染んだあのBGMもオーケストラバージョンになって帰って来た。

これを映画館の大スクリーンと音響設備で聴けるだけで見に行った価値があると思います。

ルーク
あの映像クオリティでドラクエ5をやりたい!スクエニさん是非!

【見所2】息子アルスとサンチョの裏での活躍シーンあり!

原作では多くを語られていなかった、子供とサンチョが主人公の石化を解くまでのストーリーが少し追加されています。
両親のために、ストロスの杖を探すシーンが映像化されていたのは何だか良かったです。

まあ、娘が映画では登場しなかったので杖を投げてぶつけると石化解除みたいになってたけどw

サブタイトル「ユア・ストーリー」の意味

サブタイトルが「天空の花嫁」ではなく、「ユア・ストーリー」だった意味も判明しましたね。
かつて、子供の頃にスーパーファミコンのドラクエ5をプレイした子供が、大人になってからもゲームへの思い出を大切にしたいという内容でした。

「ユア・ストーリー」が意味する本当の意味は、原作「ドラゴンクエスト5」をプレイしたそれぞれの人の中に「あなただけの想い」があるという意味でした。

ルーク
って綺麗事を行って見たけど、批判が出ないための予防線なのかなとも思ったりw

【ドラゴンクエスト ユア・ストーリー】のここがちょっとイマイチ!?

ここからは個人的にちょっと残念だった部分を紹介します。

主人公の性格が決められている

映画にする分、仕方がないとは思うのですが、ドラクエのいいところって主人公が全く喋らないとこだと思うんです。
余計な性格補正が入らないと言うか、自分が主人公をしてるんですよ。

今回のストーリーで言えば、主人公の性格はリアル世界の主人公の性格と言うことなので、恋愛に奥手な感じとか、モンスターを退治する時もちょっとビビってたり…。

個人的には、頻繁にコメディ要素はいらないなと思いました。

一部作に詰め込みすぎてスキップ部分が多め

子供の成長と世代交代がほぼスキップされていた。
原作ファンの方だとちょっと憤りを感じるかなと思います!

キャラ同士の人間関係などが語られる重要なシーンなのに、サラッと進んじゃったから、感情移入ができず、パパスが死ぬシーンでも感動できませんでした。

パパスとのやり取りも少ないうちに、あっという間に例のシーンに入りパパスは退場します。
マーサの死亡時にも、パパスは出てきませんし、二人からのメッセージもカットされています。

ビアンカとの出会いやビアンカのリボンをもらうシーンも語られません。
ビアンカとは幼なじみで友人同士の様な関係で表現されています。

そして、「気を使わずに話せる人が結婚相手にふさわしい!」という、シナリオ上では割とこじつけた理由でビアンカと結婚します。
リュカはフローラの前だと赤面しドギマギしていて、お互いに恋する男性と恋する乙女的な空気感を見せた割に、結果的にはビアンカだと気を使わないから結婚…。

結婚相手はビアンカで良かったと思うんだけど、何か違う気がする^^;

気を使わずに話せる人が〜っていうのはわかるんだけど、その前の関係性が全てカットされてるからストンと収まらないと言いますか。。

人の感情に疎い人がシナリオ書いたとしか思えないですw
まあ、VRゲーム内の話だからしょうがないか、という解釈で無理矢理納得しました。

ジャミとゴンズが一撃で倒される

ゲマの手下で割と存在感がある敵ですが、終盤一撃で葬り去られますw
石化前のシーンではめっちゃ苦戦してたのに…。
戦闘シーンはとても壮快なんですけど、無双ゲームを観ている様な軽さですw

フローラの扱い

キービジュアルでは杖持って、いかにも戦いますよーって雰囲気出してるのにフローラの出番は、中盤くらいでフェードアウトします。
ラストバトルでヘンリーやサンチョやブオーン←まできたので、これはフローラがマヒャドとか唱えるシーンあるかな?
と期待していたのですが、最後まで活躍しませんでした。

実際に使った魔法は、主人公に結婚相手を再選択させるために占い師のオババに変化したモシャスのみ。
折角あんなに意味深に杖持たせてるんだから、フローラの戦闘も見たかったなーなんて思います。はい。

あとは、リュカがフローラにプロポーズをするシーンが必要だったのか疑問でした。
プロポーズのシーンは良かったんですけど、フローラが可哀想な感じに。。

後に、リアル世界の主人公は「いつもビアンカを選んでいるから、今回は絶対フローラと結婚する!」って言う自己暗示プログラムをゲームプレイ前に設定していたことがわかり、納得はするんですが。
わたしも、ドラクエ5プレイしたとき、一回はフローラに声をかけつつ結局ビアンカと結婚したりとかありましたし。。
ただ、映像で観るとなんか可哀想。

賛否両論別れる終盤の展開

公開前の情報だと、原作ドラゴンクエスト5の内容を、映画版として再構成して映画化した作品だと思っていたのですが、まさかの終盤になってわかる衝撃の事実!w

「これまでの内容はVRの世界のお話でした。」
主人公がVRゲームをしている場面を見せられていたわけです。

この結末は割と賛否両論分かれそうですよね。
ファンタジー物をずっと楽しんできたのに、終盤になってリアルに引き戻される虚無感。

でも、最後の「ゲームとともに成長して来たんだ!」って言う描写は、ゲーマーの皆さんならすごく共感できる部分だったと思います!w

ルーク
早く大人になれ!ってディスられるけどw

【ドラゴンクエスト ユア・ストーリー】の感想まとめ

前情報からあったように、ただ単に「ドラゴンクエスト5」のストーリーを端的にまとめた映画、という認識で映画を観に行くと、面食らってしまう部分はあるのかなと思いました。

この映画が伝えたかったことは、原作ゲームをすでにプレイしている方は、あなただけの物語を思い出し懐かしんで欲しい、まだプレイしたことのない人は、原作を買って「ユア・ストーリー」を紡いで欲しい。

そう言った意味が込められているんじゃないかと思いました!プラスに捉えるとですが…

ドラクエ5好きは、色々と思うところはあるかもしれませんが、最後を除けば楽しめるのではないかと思います!
ドラクエ5を知らなくても、ゲームが好きな方には観てもらってドラクエに興味を持ってもらえたらな、と思える作品でした。

ルーク
つまり原作やろうよ!って話かw


ドラゴンクエストの関連動画配信情報

オススメ情報!
U-NEXTでは大ヒットオンラインゲーム「ドラゴンクエストX」をモチーフにした漫画、『ゆうべはお楽しみでしたね』のドラマが独占見放題!!
他にも、映画やアニメも見放題で見れるものがあるので、あなたの好きな作品があるか公式サイトにてチェックして見てください!
U-NEXTを無料で体験してみる!31日間無料のトライアル実施中!1分で簡単登録!すぐ視聴可能!
スポンサーリンク
スポンサーリンク