ドラクエ5映画化記念!ドラクエ5のストーリー知らない人向けにゲームのストーリーを振り返ってみた(主人公幼少期編)

ドラゴンクエストV for スマートフォンのキービジュアル
ドラゴンクエストV for スマートフォン 公式プロモーションサイトより引用

この記事を読むのに必要な時間は約 20 分です。

根強い人気があるドラゴンクエスト5ですがついに映画化されましたね。
この記事は、ドラゴンクエスト5のゲームの幼少期のシナリオを追っていった記事となります。

ドラゴンクエスト5の映画、「ドラゴンクエスト ユアストーリー」の公開を記念して、映画ではスキップされてしまっている幼少期の主人公の生い立ちを、ざっくりとですが改めて思い返してみました。

  • ドラゴンクエストユアストーリーの映画は観たけど、主人公の幼少期はどんなことがあったの?
  • ビアンカとは幼少期にどんな出会いをしたの?

スーパーファミコン時代のシナリオをベースにストーリーを追っていくので、スーファミ以降はフローラやデボラと幼年期に出会っていたり…と追加要素があるのですが、その辺は省いてシナリオを追っていきました。
ちなみに、フローラとは物語の一番序盤にパパスと乗っている船の中で出会います。この時に見かけた主人公から、不思議な雰囲気を感じたフローラは大人になるまで印象に残っていた、という内容がスーファミ以降のドラクエ5には追加されています。

では、ゲームでのドラクエ5の主人公の幼少期の出来事がこちらとなります。

▼関連リンク

映画【ドラゴンクエスト ユア・ストーリー】の感想とネタバレ!嫁や結末はどうなったのか!?

2019.08.03

幼年期(主人公の年齢:6歳〜)

パパスとの旅・ビアンカとの出会い

父・パパスと主人公

父・パパスと主人公

主人公が6歳の頃、父親のパパスとの旅の最中、航海中の船の上から物語は始まります。
船に乗っていたのは、パパスが旅の拠点としていたサンタローズという街に帰還するためでした。

主人公とダンカンの娘・ビアンカ

主人公とダンカンの娘・ビアンカ

サンタローズに着くと、宿屋を経営しているパパスの友人「ダンカン」の嫁と娘の「ビアンカ」に出会います。
2人は病気で倒れたダンカンの為に、サンタローズまで薬を買いにきていました。
ビアンカは主人公の2歳上のお姉さんで、主人公に対しては弟のように面倒をみてくれるようになります。

ダンカンの嫁とビアンカをアルカパまで護衛するパパスと主人公

ダンカンの嫁とビアンカをアルカパまで護衛するパパスと主人公

その後、薬を手に入れたダンカンの嫁とビアンカは、サンタローズの隣街のアルカパにダンカンが経営する宿屋があるため、アルカパに帰還することをパパスに伝えます。
パパスは女性2人で隣町まで行くのは危険だということで、アルカパまで2人を送り届けてあげる事になります。
アルカパに到着後、送り届けてくれたお礼ということで、パパスと主人公はダンカンの宿屋に宿泊することになります。

いじめられていたベビーパンサーを助ける主人公とビアンカ

いじめられていたベビーパンサーを助ける主人公とビアンカ

アルカパ滞在中、主人公はビアンカと街に出かけると、道中でベビーパンサー(猫のモンスター)が子供達にいじめられているとろこを目撃します。
ビアンカはベビーパンサーをいじめるのをやめる様に子供を説得するのですが、アルカパの近くにあるレヌール城のお化け退治をしてきたら、“ベビーパンサーをいじめることをやめる”という約束をして、主人公と一緒にレヌール城のお化け退治に行くことになります。

レヌール城でドラゴンオーブを手に入れる。

レヌール城でドラゴンオーブを手に入れる。

無事レヌール城でお化け退治を終えた主人公とビアンカですが、屋上へ出た時に空からオーブが振ってきたのです。
主人公はそこで金色に輝く、ゴールドオーブ(ドラゴンオーブ)を手に入れます。

そしてアルカパへ帰還し、ベビーパンサーを子供達から解放することに成功します。
解放されたベビーパンサーは主人公とビアンカに懐き、主人公と一緒に行動するようになります。

ビアンカとの別れの際、ビアンカから赤いリボンをもらう

ビアンカとの別れの際、ビアンカから赤いリボンをもらう

アルカパでの一件を終え、主人公とパパスはサンタローズの街に戻る事に決めます。
ビアンカとの別れです。ビアンカは家族と共にアルカパに残ることになります。

ビアンカは主人公との別れの時、しばらく会えなくなるかもしれないということで、ビアンカがつけていたリボンをベビーパンサーにプレゼントします。
また冒険に一緒に行こうねと主人公と約束をし、パパス達はアルカパの街を後にします。

妖精界へ

サンタローズの村で主人公とよく似た青年を発見。

サンタローズの村で主人公とよく似た青年を発見。

サンタローズの村に戻った、主人公とパパス。
主人公は村を歩いていると、自分の服装に良く似た服を着た青年を見つけます。
青年に話しかけると、“お父さんを大切に。これから辛いことがあっても負けないように。”と言われます。
そして、レヌール城で拾ったゴールドオーブを見せて欲しいと頼まれます。

妖精を助けるため妖精界に向かう主人公一行。

妖精を助けるため妖精界に向かう主人公一行。

不思議な青年と別れた後、主人公はそこでまた不思議な出来事に遭遇します。
姿が透けている女の人が見えるのです。話しかけると、助けを求めに妖精界から来たと伝えられます。
主人公は、妖精界を助けに妖精の女性「ベラ」とお供のベビーパンサーと共に、ベラに連れられて妖精界へ向かいます。

一面雪景色の妖精界。氷の女王の討伐に向かう。

一面雪景色の妖精界。氷の女王の討伐に向かう。

妖精界に着くと、一面雪景色でした。
ベラに連れられ、妖精の村を治めている「ポワン」から話を聞くと、
普通ならば春になる頃だが、春を呼ぶための春風のホルンを盗賊に盗まれてしまったので、取り返してほしい。と頼まれます。
主人公はベラとベビーパンサーと共に、依頼を果たすため、春風のホルンを盗ませた張本人の氷の女王を討伐します。

無事妖精界に春が訪れた。

無事妖精界に春が訪れた。

そして、ホルンを鳴らしたことで無事に妖精界に春が訪れました。
ポワンは、大人になって困った時はまた訪ねにきて欲しい。と話し、主人公に心からの感謝を示します。

ラインハット城へ

妖精の村でベラとポワンと別れ、主人公とベビーパンサーはサンタローズの村へ還されます。
パパスに話しかけると、不思議なことに人間界ではあまり時間が経過してないようでした。
パパスからは、ラインハット王からお呼びがかかったという事を伝えられ、急遽主人公とパパスはラインハットへ向かいます。

ラインハット王の相談を聞くために謁見の間に向かう。

ラインハット王の相談を聞くために謁見の間に向かう。

ラインハット城に到着し、パパスはラインハット王の相談を聞くために謁見の間に呼ばれます。
主人公はその間、お城を見学してる様に勧められ、城内を見学中にラインハットのおてんばな王子「ヘンリー」と出会います。

ヘンリーの護衛を行うことに。

ヘンリーの護衛を行うことに。

そんな時に、謁見を終えたパパスと合流し、主人公はヘンリーの遊び相手になって欲しいと頼まれます。
パパスはラインハット王から、ヘンリーの護衛を頼まれたようです。

突然、城内に盗賊が現れヘンリーが攫われる。

突然、城内に盗賊が現れヘンリーが攫われる。

ヘンリーが主人公をからかって遊んでいた時、突然城内に盗賊が現れヘンリーを攫って行きます。
パパスは攫われたヘンリーを取り戻すため、主人公を置いて単独で、奴隷の取引がされているという古代の遺跡へ乗り込みます。
置いていかれた主人公は、パパスを追って遺跡に向かいますが、この遺跡が主人公が過酷な運命に足を突っ込むきっかけとなってしまうのです。

【PickUP!】ラインハットの裏事情

なんと王妃がヘンリー誘拐の主犯格だった。

なんと王妃がヘンリー誘拐の主犯格だった。

ラインハットには王子が2人います。
兄のヘンリーと弟のデールです。
ヘンリーは幼い時に亡くなった王妃の子供、デールは再婚した現在の王妃の子供です。
デールは王妃に溺愛されており、王妃はデールを王様にしたいと思っていました。
しかし、王様はヘンリーを跡取りにしようと考えていることを察した、王妃はヘンリーの存在が邪魔でした。
そのため、盗賊にヘンリーを攫わせたのです。しかし、ヘンリーを殺そうとは思っておらず、デールへの行き過ぎた親心が、主人公達を最悪な運命に導いてしまったのでした。

光の教団とパパスとの別れ

古代遺跡でパパスと合流。

古代遺跡でパパスと合流。

古代遺跡に到着した主人公とベビーパンサーは、パパスと合流します。
パパスは息子が、自分を追ってきたことに驚き、息子の成長を実感します。

ヘンリーを救出し、遺跡から脱出しようとするが…。

ヘンリーを救出し、遺跡から脱出しようとするが…。

そして、古代遺跡の奥で牢に入れられていたヘンリーを助け、遺跡を脱出しようとするかのですが、追手のモンスターに邪魔されてしまいます。
パパスは追手を引き受け、主人公にヘンリーを託し、先に遺跡から脱出するように促します。

主人公はヘンリーとベビーパンサーと共に遺跡の出口に到着するのですが、出口には光の教団の幹部のゲマが待ち構えていました。
光の教団は、魔王を崇拝している教団です。奴隷をあつめて魔王を祀る大神殿を作らせています。

ゲマに戦いを挑むパパス。

ゲマに戦いを挑むパパス。

主人公たちはゲマに立ち向かうものの歯が立たず絶体絶命な時、主人公たちを追ってきたパパスがゲマに戦いを挑みます。
しかし、ゲマは側近のモンスターのゴンズとジャミを差し向けます。
パパスはゴンズとジャミをねじ伏せるのですが、それを見ていたゲマは主人公の喉元に鎌を突きつけます。

ゲマの卑劣な手にパパスは手も足も出ず殺されてしまう。

ゲマの卑劣な手にパパスは手も足も出ず殺されてしまう。

ゲマは攻撃をしたら主人公を殺すと宣言し、再び側近たちにパパスを攻撃させます。
パパスは攻撃ができず、一方的に攻撃を受けついには息絶え絶えまで追い込まれます。
そしてゲマの魔法で跡形もなく焼き殺されてしまうのでした。

主人公とヘンリーは奴隷として連行されてしまう。

主人公とヘンリーは奴隷として連行されてしまう。

その後、主人公が持っていたゴールドオーブにゲマが気付き、オーブは割られてしまいます。
主人公とヘンリーは奴隷として使う為に生かされ、奴隷が働く神殿建築現場に連れていかれます。ベビーパンサーは置き去りにされ、飼い主を探し周った末に野生のモンスターに返ってしまいます。
この一件で皆がバラバラになってしまい主人公とヘンリーの長い奴隷生活が幕を開けるのです。

少年期キャラクターピックアップ

  • パパス:主人公の父
  • ビアンカ:主人公の幼馴染
  • ベビーパンサー:主人公の友達?
  • ベラ:妖精の村に住む妖精
  • ポワン:妖精の村を治めている妖精
  • ヘンリー:ラインハットの王子
  • デール:ヘンリーの弟
  • ゲマ:光の教団幹部
  • ジャミとゴンズ:ゲマの手下

ドラクエ5映画化記念!ゲームのストーリーを振り返ってみた(主人公幼少期編)まとめ

ドラクエ5は一人の主人公の壮絶な人生を追っていく物語です。
今回のドラクエ5の映画化で、意外と重要な伏線だらけの幼少期のイベントについてが、全てスキップされてしまっているのが気になったのでこの記事を書きました。

ドラクエはこどもの時にプレイすると、ゲームとして率直に面白いという感想だったのですが、大人になってからやると物語を深くとらえる事が出来るので感じ方が変わる気がします。

私は、ドラクエはオンライン以外は全てプレイ済、ドラクエ5は特に好きなナンバリングのうちの一つで、スーファミからPS2、DSとほぼ全てのハードでも買ってしまう程なので、ドラクエの大ファンとして映画化の情報を知った時は衝撃的でした。
ちなみに、お嫁さんはビアンカ・フローラ・デボラ全員1度はお嫁さんにしましたよ笑

ただ、やはりドラクエは会話が少ない分、プレイヤーの想像力で補われているところも多いと思うので、自分のイメージしているドラクエ5とかけ離れていたら…という不安もありました。でも、映画でキャラクターが活き活きと動いている姿に結局感動しました笑
声優さんも全く違和感がなかったので、きっとそのおかげもありますね!

映画化されたことによって、ドラクエプレイヤー・ドラクエファンがもっと増えるといいな。

映画「ドラゴンクエスト ユアストーリー」のシナリオはこちらで順を追って紹介しています。
最初から最後までネタバレになるので気になる方は読んで頂けると嬉しいです。ただ、ネタバレなので覚悟を持って読んで下さいね!笑

▼関連リンク

映画【ドラゴンクエスト ユア・ストーリー】の感想とネタバレ!嫁や結末はどうなったのか!?

2019.08.03

また、映画「ドラゴンクエスト ユアストーリー」公開によって、映画効果でドラクエ5のゲームが売れているみたいですね!

映画を見るとドラクエ5がやりたくなります笑
この機会に、興味がある方は是非やってみてはいかがでしょうか?

今後、PS4や次世代機でもリマスターがでると個人的には嬉しいなー

▼関連リンク

ではでは、また次回〜!

スポンサーリンク
スポンサーリンク