サイト改修中のため、一部表示に崩れがある場合があります。

【新次元のシネマ体験】GOOVIS G3 MAX プレミアムセットをレビュー!持ち運べる完全没入型3Dプライベートシアターを実現するヘッドマウントディスプレイ!【1000インチ・5K・3D対応】

GOOVIS G3 MAX
レオ
ヘッドマウントディスプレイでプライベート空間で大迫力な映画を見たい!
寝っ転がりながら楽な姿勢で楽しめて、解像度も綺麗で、3D映画も楽しめる、軽くて使いやすいヘッドマウントディスプレイが欲しい!

そんな方にぴったりなヘッドマウントディスプレイがMakuakeにて登場しました!
その名も、「GOOVIS G3 MAX(グービス ジースリー マックス)」です!

2.5Kのデュアルディスプレイを採用5K相当の有機ELを搭載し、20m先に1000インチの巨大スクリーンを映し出す、没入感が半端ないヘッドマウントディスプレイです。

さらにワンタッチで3D映像もみることができ、Blu-rey 3Dの映画にも対応している、まるで「あなた専用の映画館」を可能とします!

ルーク
ヘッドマウントディスプレイ分野でファンに愛されてきた「GOOVIS」の最新技術が詰まった、最新のヘッドマウントディスプレイです!

Review Point!
これだけで映画からアニメまで楽しめる!

Blu-ray 3Dが家でも見れる!映画鑑賞に特化したヘッドマウントディスプレイ!

  • オススメRecommend
    • 3D映画もアニメもゲームもこれ一つ!
    • D4ドングルとセットでどこでも視聴可能!
    • 寝っ転がって映画やアニメ、ゲームにはベスト!

  • イマイチNot good
    • HDRには対応していない…
    • 音質はイマイチ…
    • テレワークなどは難しいかも…

ルーク
軽くて画質も綺麗で、接続も簡単!
あなた専用のプライベートシアターで、めちゃくちゃ楽な姿勢で映画やゲームを楽しめる、夢が叶っちゃうデバイスです!
ご提供品
  • 本記事で紹介している「GOOVIS G3 MAX プレミアムセット」は、代理店様よりサンプル品をご提供頂きました。

GOOVIS G3 MAXをいろんなシチュエーションで使ってみた!

GOOVIS G3 MAXをいろんなシチュエーションで使ってみた!
GOOVIS G3 MAXをいろんなシチュエーションで使ってみた!
ルーク
早速ですが、GOOVIS G3 MAXを実際に使って、映画やゲームを楽しんでいきたいと思います!!

【3D映画】Blu-ray 3Dの映画を視聴!

PlayStation 4はBlu-ray 3Dの再生に対応しているので、PlayStation 4とGOOVIS G3 MAXを接続して、3D映画を鑑賞してみました!

今回鑑賞した作品は「ゼロ・グラビティ」「トロン・レガシー」です!

「ゼロ・グラビティ」と「トロン・レガシー」
「ゼロ・グラビティ」と「トロン・レガシー」

まず、「ゼロ・グラビティ」のBlu-ray 3Dを観た感想ですが、映画のキャストになったかと思うくらい臨場感と宇宙空間の息苦しさ、そして相対する宇宙の美しさが半端なかったです!!

そして、宇宙空間を飛んでくる破片の荒々しさやスピード感3Dならではの表現がマッチしていて、2Dでは比べ物にならないくらいの迫力で、観終わった後も余韻が残るほどでした…!

ルーク
映像作品としては3Dで見ることで、クオリティが数段階もアップするので、ぜひBlu-ray 3Dで見て欲しい作品だと思いました!
何よりも、このクオリティが自宅で、しかも寝っ転がりながら観れるという贅沢な体験をできたことが何よりも嬉しいです!

「トロン・レガシー」については、まだ鑑賞できていないので、観終わり次第感想を書きたいなと思います!

また、3Dモードは「Side by Side 3D」「Frame Packing 3D」に対応しています。

Side by Side 3D 画面を左右に二分割し、左側には左目からの映像、右側には右目からの映像が並列して表示されます。
これにより、専用の3Dメガネを使用することで、左右の映像を合成して立体感を得ることができます。
この方式は、3D映像を効果的に提供するために、多くのテレビや映画で利用されています。
Frame Packing 3D 左目と右目の映像を通常の2D映像よりも高い解像度で1つのフレームに収め、それを交互に表示することで、視差情報を使って立体感を作り出します。
Blu-ray 3Dや一部の3Dテレビで使用されることがあります。
ルーク
Youtubeで「Side by Side 3D」と検索して出てくる映像ワンタッチで3Dで視聴することができちゃいます!
また、Blu-ray 3Dの「Frame Packing 3D」は自動で認識し瞬時に切り替えてくれるので、3D映画を観るヘッドマウントディスプレイとしてかなりオススメです!

【映画】U-NEXTなどのサブスクでアニメや映画を鑑賞!

D4 Dongle(ドングル)メディアプレーヤー
D4 Dongle(ドングル)メディアプレーヤー

GOOVIS G3 MAXとD4ドングルを組み合わせて、アニメや映画を鑑賞しました!

【映画】U-NEXTなどのサブスクでアニメや映画を鑑賞!

上記の映像は実際にヘッドセットのレンズ越しにスマホで撮影した映像となっています。
少し白飛びや横線のノイズが入っていますが、実際に目で見るとめちゃくちゃ綺麗に写っています!

ルーク
下記の動画はABEMA視聴時に流れてきた広告の動画を撮影しました!
なかなか綺麗に撮影できたので、雰囲気を確認してみてください!
クリックで開く
HC 3.1(HDMI to Type-Cコンバーター)を中継してヘッドセットに繋ぎます。
HC 3.1(HDMI to Type-Cコンバーター)を中継してヘッドセットに繋ぎます。
8,000mAhの大容量バッテリー付き!
8,000mAhの大容量バッテリー付き!

Android 11を搭載しているので、YouTube、Netflix、Amazon Prime、UーNEXTなどのVODサービスYoutubeなどのアプリをダウンロードして視聴することがも可能です!

ゲーム機などとの接続方法と違い、D4ドングルは8,000mAhの大容量バッテリーがあるため、GOOVIS G3 MAXとの接続時は、外部電源を使用しなくていいため、ケーブルがかなりスッキリします!

持ち運び可能なので、どこでも映画やアニメを楽しめる!
持ち運び可能なので、どこでも映画やアニメを楽しめる!

GOOVIS G3 MAXとD4ドングルとWi-Fi環境だけあれば、どんな場所でも映画やアニメを楽しむことができるので、めちゃくちゃ便利です!

ルーク
もし、GOOVIS G3 MAXを購入予定の方は、D4ドングルは絶対に購入してもらいたいほど、オススメなガジェットです!
Makuake掲載中はオプション品として単品でも購入できるので、お得な期間中に是非手に入れてください!

【PS5】ゲーム機に繋いでゲームプレイ!

【PS5】ゲーム機に繋いでゲームプレイ!
【PS5】ゲーム機に繋いでゲームプレイ!

PS5に繋げて「崩壊:スターレイル」のゲームをプレイしていますが、テレビで見るより映像が綺麗で驚きました!笑

PS5に繋げて「崩壊:スターレイル」をプレイ!

さらに動きもヌルヌルでかなりスムーズな上、入力の遅延なども全く感じられません。

ルーク
没入感が半端なくて、本当に映画館シアターを貸し切ってゲームをプレイしている気分です!
スパイダーマンとか、グラフィックのすごいゲームとかは絶対に迫力がやばいです…!

ちなみに、ゲーム機で使用する際は、5V/2Aの電源プラグからUSB-CケーブルをHDMI to Type-C変換アダプターに接続する必要があります。

ゲーム機で使用する際は、5V/2Aの電源プラグからUSB-CケーブルをHDMI to Type-C変換アダプターに接続する必要がある。
ゲーム機で使用する際は、5V/2Aの電源プラグからUSB-CケーブルをHDMI to Type-C変換アダプターに接続する必要がある。
ルーク
電源を供給しないと、チラつきや正常な表示ができなくなるので注意です!
繋げてもチラついたりする場合は、電力が不足している可能性があります!
5V/2Aの電源プラグを用意してください!
あと個人的な注意点ですが、HDMIケーブルの種類によってもちらつきが出る可能性があります!
サードパーティー製のHDMIケーブルではちらつきが出たため、PS5純正のHDMIケーブルに変えたところ、一切ちらつきがなくなりました!
接続方法はこちら
  • STEP1
    Type-Cケーブルを本体端子に差し込む

    Type-CケーブルをGOOVIS G3 MAXの本体入力端子に差し込みます。

  • STEP2
    Type-Cケーブルと変換アダプターを接続する

    Type-CケーブルをHDMI変換アダプターのType-C入力端子に差し込みます。

  • STEP3
    HDMI変換アダプターをPS5に差し込む

    HDMI to Type-C変換アダプターをPS5のHDMI入力端子に差し込みます。

  • STEP4
    Type-C充電ケーブルを電源プラグに差し込む

    Type-C充電ケーブルのUSB端子と5V/2Aの電源プラグに差し込みます。

  • STEP5
    Type-C充電ケーブルをHDMI to Type-C変換アダプターに差し込む

    Type-C充電ケーブルをHDMI to Type-C変換アダプターのDC 5Vに差し込みます。

  • STEP6
    ヘッドバンドを本体に取り付ける

    ヘッドバンドをGOOVIS G3 MAX本体に取り付けます。

GOOVIS G3 MAXの機能紹介

GOOVIS G3 MAXの機能紹介
GOOVIS G3 MAXの機能紹介

こちらはMakuakeの応援ページでも詳細が記載されているので、気になる方はMakuakeをご覧ください!

ルーク
当記事では実際に使ってみて良かった点や、イマイチな点・注意点をメインにご紹介していきます!!

GOOVIS G3 MAXのオススメな点

GOOVIS G3 MAXのオススメな点
GOOVIS G3 MAXのオススメな点
オススメな点
  • 【迫力大画面!】1000インチ・5K映像で圧倒的な臨場感!
  • 【超軽量!】バッテリー非搭載なので超軽量!
  • 【調整可能!】目の位置や視力調整可能なので、万人にピッタリフィット!
  • 【持ち運び!】D4ドングルとの組み合わせが最高!いつでもプライベートな映画館!
  • 【姿勢が楽!】寝っ転がって映画やアニメ、ゲームにはベスト!
ルーク
ここからは実際に使ってみて良かった点、オススメな点を紹介します!

【迫力大画面!】1000インチ・5K映像で圧倒的な臨場感!

【迫力大画面!】1000インチ・5K映像で圧倒的な臨場感!

2.5K(2560×1440×2)のデュアルディスプレイを採用し、1000インチ相当(20m先にスクリーンがある想定)で、映画やゲームを楽しむことができます!

フルHDより解像度が約1.8倍もUPしたWQHD(2,560×1,440ドット)の解像度で、1インチ3528ピクセル、46角画素密度(視野角あたりの画素密度)を実現、細部まで鮮明に表現しています!

ルーク
初めてみたときはテレビよりも綺麗に鮮明に見えて驚きました…!
細かい文字まで読めちゃうくらい鮮明に見えます!

【超軽量!】バッテリー非搭載なので超軽量!

【超軽量!】バッテリー非搭載なので超軽量!配線もコンパクトで邪魔にならない!
【超軽量!】バッテリー非搭載なので超軽量!

GOOVIS G3 MAXはバッテリー非搭載なので、めちゃくちゃ軽量です。
本体はわずか340gで非常に軽量設計で作られています!

そして、後頭部、おでこ、頭頂部での三点で支えているので、使用中にずれたりすることなく、しっかりフィットしてくれます。

ルーク
見た目は結構ゴツく感じるかもしれませんが、軽くて高級感のある作りをしています!
およそ350mlの缶ジュースをおでこに乗せている感覚です!

【調整可能!】目の位置や視力調整可能なので、万人にピッタリフィット!

【調整可能!】目の位置や視力調整可能なので、万人にピッタリフィット!
【調整可能!】目の位置や視力調整可能なので、万人にピッタリフィット!

GOOVIS G3 MAXは本体横のダイヤルレンズの焦点距離を調整可能です!

-7Dから+2Dまでカスタマイズ可能なので、近視や遠視の方、どんな人でも綺麗で鮮明な映像を楽しむことができます!

ルーク
焦点距離が調整可能なおかげで、視力の悪い方や、左右で視力が違う方などにも、メガネなしでも綺麗に見えるように配慮されています!
瞳孔間距離調整機 58mm
瞳孔間距離調整機 58mm
瞳孔間距離調整機 74mm
瞳孔間距離調整機 74mm

また、瞳孔間距離調整機能もついており、本体下の突起を左右にスライドすることで58mm〜74mmの広範囲で調節ができるようになっています。

こちらも左右で独立した調節が可能となっているので、顔の大きさや目の位置も違う、どんな人でも綺麗な画面で使用できるような配慮がされています!

ルーク
焦点距離は左右でそれぞれ設定できますし、瞳孔間距離も58mm〜74mmの間なら無段階調整が可能です!
誰が使っても、安心して綺麗で鮮明な画面を楽しむことができました!

【持ち運び!】D4ドングルとの組み合わせが最高!いつでもプライベートな映画館!

持ち運び可能なので、どこでも映画やアニメを楽しめる!
持ち運び可能なので、どこでも映画やアニメを楽しめる!

追加オプションやプレミアムセットに付属してくる「D4ドングルメディアプレーヤー」ですが、これが結構有能です!

これだけで映画からアニメまで楽しめる!
これだけで映画からアニメまで楽しめる!

GOOVIS G3 MAXとの接続もUSB-Cケーブル一本とHDMIケーブルを変換して接続可能で、8,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、外部電源を利用することなく、最大6時間も連続再生が可能になっています。

8,000mAhの大容量バッテリー付き!
8,000mAhの大容量バッテリー付き!
バッテリーに充電しながらも使用可能
バッテリーに充電しながらも使用可能
バッテリーを使用せず、外部電源のみで使用可能
バッテリーを使用せず、外部電源のみで使用可能

もちろん、「D4ドングルメディアプレーヤー」を充電しながらや、外部電源から通電しながらの視聴も可能になっています。

Android 11システムを搭載しているので、YouTube・Netflix・Amazon Prime・U-NEXTなど、一般的なストリーミング動画サービスを「GOOVIS G3 MAX」で視聴可能です!

ルーク
また、「D4ドングルメディアプレーヤー」は、テレビや他のヘッドセットにも接続可能なので、単品でもFire TV Stickのような使い方ができるので、めちゃくちゃ便利です!

【姿勢が楽!】寝っ転がって映画やアニメ、ゲームにはベスト!

【姿勢が楽!】寝っ転がって映画やアニメ、ゲームにはベスト!
【姿勢が楽!】寝っ転がって映画やアニメ、ゲームにはベスト!

「寝っ転がって映画やゲームがしたい!」そんな人にはマジでオススメです!

GOOVIS G3 MAXは軽量設計ではありますが、やはり頭につけるという性質上、長時間つけていると首に違和感を感じ始めます。

ですが、寝っ転がって使うことができるので、寝ている姿勢のまま映画やゲームを楽しむことができちゃいます!

ルーク
側から見るとちょっと面白い構図ではありますが、使用している側はめちゃくちゃ快適です!

GOOVIS G3 MAXのイマイチな点・注意点

イマイチな点・注意点
  • HDRには対応していない…
  • スピーカーの音質はイマイチ…
  • 軽量だけど前方向への重さは感じる…
  • 全て分解しないと収納できない…
  • 周囲が見えないのでテレワークなどは難しいかも…
ルーク
ここからは、ちょっとイマイチかも…な点や注意点をご紹介します!

HDRには対応していない…

HDRには対応していない…
HDRには対応していない…

GOOVIS G3 MAXはHDRには対応していないため、HDR対応コンテンツを再生してみると、若干色が薄くなって再生されます。

ただ、実際にゲームや映画を見てみると、かなり綺麗にコンテンツを再生してくれている印象です!

下記の機能によって、解像度、色合い、コントラストがしっかり表現されているためか、個人的にはHDR以外の映像はとても綺麗だと感じました!

3528PPI
46PPD
人の目の解像度に近い、1インチ3528ピクセル、46角画素密度を実現。
細部まで鮮明に表現され、よりリアルな視覚体験が可能となり、まるで自分の目で見ているようなド迫力映像体験を味わえます。
DCI-P3カバー率95% 視覚的な歪みは2%未満に抑え、広色域かつ高い色再現性。
画像本来の質感や微妙な色合い、虹の彩りなど、わずかな色の違いも忠実に再現。
高コントラスト比
100000:1
よりリアルな高コントラストを実現することで、メリハリがありつつも疲労感を覚えにくくなる。
明るい空の色合い、浮かぶ雲の立体感、海に浮かぶ夕陽をそのままに美しく描き出します。
DCI-P3とは
  • 米国の映画制作会社で構成される業界団体Digital Cinema Initiatives(DCI)で定められたデジタルシネマ規格です。
  • 映画撮影に使われるカラーフィルムの色域に対応し、比較的広範囲の色域を表現できます。
ルーク
ただ、やはりHDR対応のものよりは薄くなっている感じがするので、HDR対応したコンテンツを綺麗に見たい!と考えている方は注意が必要です!

スピーカーの音質はイマイチ(有線、ワイヤレスイヤホンで解決)

スピーカーの音質はイマイチ(有線、ワイヤレスイヤホンで解決)
スピーカーの音質はイマイチ(有線、ワイヤレスイヤホンで解決)

GOOVIS G3 MAX本体の左右のダイヤル上にスピーカーがついておりますが、すごい音質がいいというわけではありません。
高音が刺さり、スカスカしたような音質で、とりあえず音が聞こえてたらいいかというような印象です。

音質にも拘りたい…!という方は、3.5mmイヤホンジャックとブルートゥース接続にも対応しているので、有線イヤホンやワイヤレスイヤホンを使うことも可能です!

というより、イヤホンを使った方が断然良くなるので、イヤホン必須で使って欲しいです!

ルーク
個人的には有線かワイヤレスイヤホンを使って楽しむことをオススメします!
音質のクオリティも上がるため、迫力と臨場感が増すので、プライベートシアターってこんな感じだろうな…といった気分に浸れます!!

軽量だけど前方向への重さは感じる…

本体は軽量設計で、わずか340gで設計されていますが、やはり装着し続けると、前方向への重みを感じて首が疲れてくるので、垂直状態での使用はオススメできません。

ただ、寝っ転がったり、ソファやリクライニングチェアなどに寄っかかった状態で首を固定しながら視聴する分には、この軽量設計がかなり活きていて、長時間の使用でも全く負担になりませんでした!

ルーク
ヘッドバンドも後頭部部分がゴムバンドになっているので、寝っ転がって使用しても干渉しないのでめちゃくちゃ使いやすいです!

全て分解しないと収納できない…

しまうときは分解しないとしまえない…
しまうときは分解しないとしまえない…

キャリングケースがセットで、かなりコンパクトに全ての周辺機器が収納でき、いつでも持ち運びも可能となっていますが、実際に持ち運んだり、収納するためにはGOOVIS G3 MAXをヘッドバンドから外したりと、分解作業が毎回発生します。

頻繁にケースにしまったり、持ち運ぶ必要がある場合、結構手間がかかるため煩わしく感じました。

ルーク
一度使ったら、しっかりケースにしまっているルークです。
せめて、本体とヘッドバンドをつけたままセットで格納できるケースがあったら、使いやすさが格段に上がるなぁ〜と思いました!

周囲が見えないのでテレワークなどは難しいかも…

装着すると画面しか見えないので、手元やデスク周りが見れない…テレワークなどは難しいかも

パソコンなどにはUSB-C端子があれば、USB-Cケーブル一本で接続可能なため便利です。
解像度も3840×2160までの表示が可能ですが、文字がかなり小さくなってしまうので2560×1440だと、広いスペースで作業が可能です。

また、解像度がとても高く、小さい文字でも難なく読むことができます!

ただ、最近話題のVITUREやXREALなどのXR(クロスリアリティ)のゴーグルのような機能とは違うため、テレワークなどの作業には向かないと思いました。

XR(クロスリアリティ)のゴーグルでは現実世界と仮想世界を同時に見ることができますが、「GOOVIS G3 MAX」は没入型のヘッドマウントディスプレイのため、装着すると、真っ暗な空間の中に映像が反映される形となります。

ゴーグルの跳ね上げ機能
ゴーグルの跳ね上げ機能

ヘッドバンドをを外さずに、ゴーグルを跳ね上げて視界を確認することもできますが、装着時は手元のキーボードやマウスなどは視認することができないため、実用的ではないのでは…という印象です。

また、ヘッドトラッキング機能などもないため、頭をどこに動かしても常に正面に映像が映し出されます。
画面端のものを見る際は、目玉を動かしてみる必要があるため、目が疲れてきます。

ルーク
テレワークでも使えるといいなぁ…と思って購入しようとしている方は注意が必要です!
どちらかと言うと、動画視聴やゲームなどの用途をメインと考えた方が満足できる使い方になると思います!

GOOVIS G3 MAXの外観

GOOVIS G3 MAXの外観
GOOVIS G3 MAXの外観

GOOVIS G3 MAXの外観は専用ケースに全て梱包された状態で届きます。
コンパクトに纏まってはいますが、ヘッドマウントディスプレイが入っているため、結構大きいなという印象です。

本体とD4ドングルのクイックスタートガイド
本体とD4ドングルのクイックスタートガイド
お手入れ用のクリーナーも付属
お手入れ用のクリーナーも付属

本体セットの他に、クイックスタートなどのガイドや、「GOOVIS」のロゴが刻印されたクリーナーも同梱されています。