1MORE PistonBuds Pro レビュー!低遅延のゲームモード搭載でノイズキャンセリングも使えるコスパ最強なワイヤレスイヤホン!【一万円以下のベストバイイヤホン!】

1MORE PistonBuds Pro レビュー!低遅延のゲームモード搭載でノイズキャンセリングも使えるコスパ最強なワイヤレスイヤホン!【一万円以下のベストバイイヤホン!】

こんにちはルークです!

最近は崩壊:スターレイルなどのスマホゲームにどハマりしていて、家でプレイしている時はスマホから音楽を出してプレイしているのですが、外出先などではワイヤレスイヤホン越しにプレイしています!

ですが、ゲームモードを搭載していない普通のワイヤレスイヤホンだと、決定時のSEとか、ゲーム内のBGMが遅延して聞こえてくるので、結構不快なんですよね…。

そこで、今回はゲームモードを搭載した、ノイズキャンセリングつきのワイヤレスイヤホン「1MORE PistonBuds Proをご紹介します!

1MORE PistonBuds Pro

1MORE PistonBuds Pro

・スマホでゲームする機会が多いけれど、遅延が気になる…
・ノイズキャンセリングつきのワイヤレスイヤホンが欲しい…
・できれば1万円以下でコスパの良いイヤホンが欲しい…

上記のお悩みを「1MORE PistonBuds Pro」なら、全て解決してくれるコスパ最強なワイヤレスイヤホンでした!

今回実際に実機を使用できる機会をいただけたので、しっかり使い込んでレビューしていきたいと思います!

早速結論!
  • 遅延モード搭載!ゲームプレイに最適なイヤホン!
  • 2つのノイズキャンセリングモード搭載!
  • 専用アプリで好みの音質へカスタマイズ可能!
  • 急速充電機能付き!5分充電で1時間再生可能!
  • いちいちノイズキャンセルやゲームモードをONにする必要がある…
  • 少し迫力の足りない音質…
ルーク
1万円を切る値段で、機能モリモリなコスパ最強イヤホンです!
ゲームプレイ用にサブで持っておきたい一台です!
ご提供品

1MORE PistonBuds Proの外観

1MORE PistonBuds Proの化粧箱

1MORE PistonBuds Proの化粧箱

1MORE PistonBuds Proの化粧箱はマットな質感の紙の箱でできています。

ポイントとなるロゴに赤い光沢加工や商品名に光沢加工がされており、とても高級感のあるパッケージです。

1MORE PistonBuds Proの化粧箱-開封

1MORE PistonBuds Proの化粧箱-開封

ルーク
蓋を上下に開けて開封するのですが、かなり密閉されているため開けにくかったのは少しマイナス点です。

1MORE PistonBuds Proの本体

1MORE PistonBuds Proの本体

1MORE PistonBuds Proの本体

1MORE PistonBuds Proの本体は、プラスチック素材でできており、とても軽いです。

また、マットな質感で、蓋の部分はヘアライン加工が施されており、「1MORE」のゴールドのロゴがかっこいです。

1MORE PistonBuds Proの正面

1MORE PistonBuds Proの正面

1MORE PistonBuds Proの背面

1MORE PistonBuds Proの背面

前面には接続状況や充電状況を知らせるインジケーター、背面にはUSB-Cのメス端子Bluetoothペアリング用のボタンがあります。

1MORE PistonBuds Proの上面

1MORE PistonBuds Proの上面

パカっと蓋を開けると、イヤホン本体が顔を出します。

イヤホン本体のタッチ部分は蓋と同じでヘアライン加工され、ゴールドのロゴが輝いています。

1MORE PistonBuds Proのイヤホン本体

1MORE PistonBuds Proのイヤホン本体

ルーク
艶のある光沢感で、とても高級感があります!

1MORE PistonBuds Proの付属品・スペック

1MORE PistonBuds Proの付属品

1MORE PistonBuds Proの付属品

1MORE PistonBuds Proの付属品
‎本体、充電ケース、取扱説明書、USB Type-Cケーブル、イヤーピース(L/S/XS)
1MORE PistonBuds Proのスペック
重量 ‎本体(片耳):4.5g/ケース:30g/総重量:39g
連続再生時間 ‎ANCオフ:約7.5時間(イヤホン)+22.5時間(充電ケース)
ANCオン:約5時間(イヤホン)+15時間(充電ケース)
本体充電時間 本体:1時間/ケース:2時間(有線)
バッテリー容量 本体(片耳):38mAh/ケース:410mAh
対応コーデック SBC,AAC
Bluetoothバージョン ‎Bluetooth®5.2
防水 ‎IPX5
梱包サイズ ‎12.3 x 10.7 x 4.4 cm
重量 ‎90g
重量(本体) ‎約3.7g(片耳)

1MORE PistonBuds Proのオススメな点

1MORE PistonBuds Proのオススメな点

1MORE PistonBuds Proのオススメな点

オススメな点
  • 【低遅延】ゲーミングモード搭載で遅延を90msまで抑える!
  • 【ノイズ除去】ノイズキャンセリング機能はかなり優秀!
  • 【プリセット】専用アプリで好みの音質へ変更可能!
  • 【長時間】ANCオフで30時間再生可能!
  • 【急速充電】ケースに入れて5分で1時間再生可能!
ルーク
ここからは実際に使ってみてオススメできる点をご紹介します!

【低遅延】ゲーミングモード搭載で遅延を90msまで抑える!

音の遅延が起こらないので違和感なくゲームプレイできます!

実際にゲームをしながら、低遅延モードをオン/オフしてみての感想ですが、低遅延モードをオンにすると音ゲーなどの音楽とのシンクロが必要なゲームにも使えるイヤホンに様変わりします!

全く遅延している感じがないので、違和感なくプレイ可能でした!
デフォルト状態では、低遅延モードはオフになっているので、注意が必要です。

低遅延モードをオンにするには、専用アプリから設定する必要があります。

ルーク
音ゲーや音の遅延なしにスマホゲームをやりたい方にはかなりオススメです!

【ノイズ除去】ノイズキャンセリング機能はかなり優秀!

【ノイズ除去】ノイズキャンセリング機能はかなり優秀!

【ノイズ除去】ノイズキャンセリング機能はかなり優秀!

ノイズキャンセリング機能は、少し外音は聞こえるくらいのノイズ除去という感じですが、個人的にはコスパを考えるとかなり良いのではと思いました!

ただ、「1MORE PistonBuds Pro」の形状が、耳にぴったりとはまってくれるので、遮音性はかなり高く感じました。

また、ノイズキャンセリングモードが複数あり、状況によって切り替えることが可能です。

モード 適している環境
ANC強モード 地下鉄などの騒音環境
風切り音防止モード 海岸、山など、屋外の風や騒音の環境
外音取り込みモード 音楽を聴きながら、周囲の音も聞くことができる環境
ルーク
強モードでも外音が少し聞こえる程度のノイズキャンセリング機能です。
風切り音防止モードはかなり優秀で、風切り音が聞こえなくなります!是非使ってみて欲しいです!

【プリセット】専用アプリで好みの音質へ変更可能!

【プリセット】専用アプリで好みの音質へ変更可能!

【プリセット】専用アプリで好みの音質へ変更可能!

イコライザー機能があるので、12種類のプリセットの中から、好みの音質を選択することで、簡単に音質を変えることができます。

ルーク
個人的に良いなと思ったプリセットは「ヒップホップ」です!
個人的に通常モードでは足りない低音と高音のバランスが一番良く聞こえます。
1MORE MUSIC

1MORE MUSIC

1MORE Acoustic Technology(Shenzhen) Co., Ltd無料posted withアプリーチ

【長時間】ANCオフで30時間再生可能!

長時間の移動の際や、長時間のコンテンツでも電池切れの心配がない、長時間の使用が可能です!

ANC(アクティブノイズキャンセリング)オフ本体は7.5時間、ケース込みだと合計30時間の再生が可能となっています。

ANC(アクティブノイズキャンセリング)オンの場合だと、本体は5時間、ケース込みだと合計20時間の再生が可能となっています。

ルーク
僕の場合、基本的にはANCオンで使う機会が多かったので、2日に一度はケースの充電をしていると安心でした!

【急速充電】ケースに入れて5分で1時間再生可能!

【急速充電】ケースに入れて5分で1時間再生可能!

【急速充電】ケースに入れて5分で1時間再生可能!

付属の充電ケースは急速充電に対応しており、イヤホンをケースに入れると、たった5分の充電で1時間も使えるほどの充電機能があります。

ルーク
不意に充電切れになってしまっても、すぐにまた使うことができるので安心です!

1MORE PistonBuds Proのイマイチな点・注意点

1MORE PistonBuds Proのイマイチな点・注意点

1MORE PistonBuds Proのイマイチな点・注意点

イマイチな点・注意点
  • 少し迫力の足りない音質…
  • タップ機能のカスタマイズ性が少ない…
  • いちいちノイズキャンセルやゲームモードをONにする必要がある…
ルーク
ここからは実際に使ってみて、イマイチだなーと思った点や注意点を紹介します!