Amazfit GTR Mini レビュー!Miniシリーズ初のラウンドスタイルでスタイリッシュなスマートウォッチ!GTR 4との比較も!【超スリム&軽量】

Amazfit GTR Mini レビュー!Miniシリーズ初のラウンドスタイルでスタイリッシュなスマートウォッチ!GTR 4との比較も!【超スリム&軽量】

こんにちはルークです!
今回はAmazfitより発表された最新作「Amazfit GTR Mini」をご紹介いたします!

Amazfit GTR Mini ミッドナイトブラック

Amazfit GTR Mini ミッドナイトブラック

「Amazfit GTR Mini」は既に発売されている「Amazfit GTR」シリーズよりも軽く、サイズが小さくなった待望のミニシリーズとなっています。

2023年3月24日(金)発売で価格は19,800円(税込)です。
カラーは、ミッドナイトブラック、ミスティピンク、オーシャンブルーの3色展開です。

早速結論!
  • 厚さ9.25mm/重量24.6gで快適なつけ心地!
  • 1万円台のコスパ良しなスマートウォッチ!
  • 音楽コントロールやリモートシャッター機能など充実した機能!
  • 14日間持続可能なロングバッテリー性能!
  • 運動センサーの数測位システムが減少……
  • 通話機能音声操作は未対応…
ルーク
「Amazfit GTR 4」よりも軽量でカジュアルにつけられるスマートウォッチが欲しい方にはオススメです!
ご提供品
フラッグシップモデル「Amazfit GTR 4」のレビューはこちら!
【Amazfit GTR 4 レビュー】バンド交換&文字盤変更可能!大容量の475mAhバッテリーを搭載した最新スマートウォッチ!
【Amazfit GTR 4 レビュー】バンド交換&文字盤変更可能!大容量の475mAhバッテリーを搭載した最新スマートウォッチ!【アマズフィット】
2022.12.17

Amazfitってどんな商品?

Amazfitってどんな商品?

Amazfitってどんな商品?

メーカーはスマートウォッチやフィットネスバンドなど、ヘルスケア関連デバイスを多数手がけている「Zepp Health(ゼップ ヘルス)」

2015年9月から展開しているプレミアムスマートウェアラブルデバイスの独自ブランドです。

日常からアウトドアスポーツまで使える様々なシリーズのスマートウォッチやバンドのほか、完全ワイヤレスイヤホン、スマートトレッドミル、スマート体組成計、スポーツギアなど、スポーツや健康に関連するスマートハードウェアを提供しています。

そして、そのAmazfitの最新作が、今回ご紹介する「Amazfit GTR Mini」です。

「Amazfit GTR Mini」の外観

「Amazfit GTR Mini」の化粧箱

「Amazfit GTR Mini」の化粧箱

「Amazfit GTR Mini」の化粧箱は白を基調としたマットな質感の箱です。

「Amazfit GTR Mini」開封時

「Amazfit GTR Mini」開封時

開けてみると、Amazfitのブランドスローガン「Up Your Game」と書かれた「Amazfit GTR Mini」が顔を出します。

「Amazfit GTR Mini」の本体

「Amazfit GTR Mini」の本体

「Amazfit GTR Mini」の本体

画面には2.5D曲面ガラスが採用されており、とても滑らかな質感に仕上がっています。
また、指紋防止コーティングも施されているため、指紋がつきづらく、曇りのない鮮明な画面を映し出してくれます!

そして、ディスプレイは「1.28インチHD AMOLEDディスプレイ」が搭載。
コンパクトなサイズではありますが、326PPI、416×416の高解像度ディスプレイで、とても鮮明な画質です!

また、OSはMiniシリーズでは初めて「Zepp OS 2.0」を搭載しており、省電力でスムーズな動作が実現されています!

ルーク
周囲の環境に合わせて文字盤の明るさを自動調整もしてくれる機能もあります!

「Amazfit GTR Mini」の付属品・スペック

「Amazfit GTR Mini」の付属品

「Amazfit GTR Mini」の付属品

付属品
セット内容 スマートウォッチ (純正ストラップを含む)、専用充電器、取扱説明書
スペック
カラー ミッドナイトブラック、ミスティピンク、オーシャンブルー
サイズ 42.83 × 42.83 × 9.25mm(心拍ベースを除く)
重量 36.2g(バンド含む)/24.6g(バンドなし)
ボディ素材 ステンレススチール+プラスチック
ボタン 1
防水グレード 5ATM
ディスプレイ 素材:AMOLED
サイズ:1.28インチ
解像度:416×416
PPI:326
タッチスクリーン:2.5D強化ガラス+反指紋コーティング
バンド幅 20mm
バッテリー 容量:280 mAh(標準値)
充電方法:マグネット式充電
充電時間:約2時間
センサー 健康:BioTracker PPG (2PD+1LED)
運動:加速度センサー、3軸地磁気センサー、環境光センサー
接続:Bluetooth5.1
測位システム:5 衛星測位システム(GPS、GLONASS、GALILEO、BDS、QZSS)
※屋内位置サービスはサポートされていません。
その他 ミニアプリ:対応※一部日本語非対応
スリープモード:有
Alexa(日本語対応):無
ウォッチフェイス:80+、アニメーション11
アプリ:Zeppアプリ ※タブレット未対応
搭載OS:Zepp OS 2.0
対応デバイス:Android 7.0 以上、iOS 12.0 以上

「Amazfit GTR Mini」のオススメな点!

「Amazfit GTR Mini」のオススメな点!

「Amazfit GTR Mini」のオススメな点!

オススメな点
  • 【デザイン】ステンレス製ミドルフレームの光沢が美しい!
  • 【薄型軽量設計】厚さ9.25mm/重量24.6gで快適なつけ心地!
  • 【盤面カスタマイズ】新機能のポートレートウォッチフェイス!
  • 【防水機能】5ATMの防水機能搭載!雨でも水泳でも使用可能!
  • 【14日間持続】ロングバッテリー性能!
  • 【充実した機能】音楽コントロールやリモートシャッター機能!
  • 【モニタリング機能】24時間ヘルスケア分析!睡眠の質を採点!
ルーク
ここからは実施に使用してみてよかった点、オススメな点を紹介していきます!

【デザイン】ステンレス製ミドルフレームの光沢が美しい!

【デザイン】ステンレス製ミドルフレームの光沢が美しい!

【デザイン】ステンレス製ミドルフレームの光沢が美しい!

「Amazfit GTR Mini」のデザインはとてもシンプルカジュアル時でもビジネスでも問題なく使えます。

ころっとした丸いフォルムがかわいらしく、ステンレス製のミドルフレームの光沢が高級感を演出してくれています。

ルーク
見た目はコンパクトでスタイリッシュですが、たくさんの機能が詰め込まれたスマートウォッチです!

【薄型軽量設計】厚さ9.25mm/重量24.6gで快適なつけ心地!

【デザイン】ステンレス製ミドルフレームの光沢が美しい!

【デザイン】ステンレス製ミドルフレームの光沢が美しい!

厚さ9.25mm(心拍ベース除く)、24.6g(バンド除く)軽量でスリムなボディで、実際に装着してみても、違和感なく手首に収まってくれます。

ルーク
本体がスリムで軽量なおかげもあり、スマートウォッチ装着時でも手首の動きがスムーズに動かせます!

【盤面カスタマイズ】新機能のポートレートウォッチフェイス!

【盤面カスタマイズ】新機能のポートレートウォッチフェイス!

【盤面カスタマイズ】新機能のポートレートウォッチフェイス!

これまでのAmazfitのスマートウォッチには無かった新機能として、スマートフォンからポートレート写真の一部をウォッチフェイスとして選択できる機能が搭載されています。

これは、普通に写真と時間を合成させるのではなく、顔の後ろに時間をかぶるように表示させることができ、奥行きが表現可能となっています!

最大3枚のポートレート写真を選択可能で、手首を上げるか画面をタップするたびに画像が切り替わって表示されます。

ルーク
好きな芸能人の写真や子供の写真などに使うこともできちゃいます!
文字に写真が微妙に重なることで、まるで純正のようなウォッチフェイスを作ることが可能です!

【防水機能】5ATMの防水機能搭載!雨でも水泳でも使用可能!

【防水機能】5ATMの防水機能搭載!雨でも水泳でも使用可能!

【防水機能】5ATMの防水機能搭載!雨でも水泳でも使用可能!

5ATMの防水機能が搭載されているので、水泳時に着用しても、突然の雨でも問題なく使うことができます!

また、水深50mに相当する圧力に対応可能なので、シュノーケリングなどのマリンスポーツにも利用可能です!

ルーク
水泳をしない方でも、日常的な手洗いや水仕事でも気にせず使えるのはかなり楽ちんです!

【14日間持続】ロングバッテリー性能!

【14日間持続】ロングバッテリー性能!

【14日間持続】ロングバッテリー性能!

バッテリーは280mAhですが、最新のZeppOS 2.0とデュアルコアチップを搭載し、高い電力効率で長いバッテリー持続が可能になりました。

最大14日間持続とありますが、僕の場合、一日中つけて外出時にはウォーキング機能を使う程度ですが、大体7~10日ほどのバッテリー持続が平均的かなと思います!

ルーク
ZeppOS 2.0は上位モデルの「Amazfit GTR 4」に採用されているOSなので、ミニサイズながらも性能は折り紙付きです。

【ワークアウト】120種類以上のスポーツモード!

【ワークアウト】120種類以上のスポーツモード!

【ワークアウト】120種類以上のスポーツモード!

120種類以上のスポーツモードを搭載し、歩数や消費カロリーなどをチェックすることが可能です!

また設定により、「運動検出」をONにすると、運動内容を自動で認識してスポーツモードを開始してくれます!

スマート認識できるスポーツ
ランニングマシン、ランニング(屋外)、エリプティカル、サイクリング(屋外)、ウォーキング(屋内)、ローイングマシン、ウォーキング

また、ランニング時には、事前に設定した目標と実際のペースをアイコンで表示してくれる「仮想ペーサー」機能もあります。

ルーク
目標としているペースと実際のズレを感覚的に把握することができるので、一人で走っていてもモチベーション高く自己ベストなどを狙うこともできますよ!

【モニタリング機能】24時間ヘルスケア分析!睡眠の質を採点!

【モニタリング機能】24時間ヘルスケア分析!睡眠の質を採点!

【モニタリング機能】24時間ヘルスケア分析!睡眠の質を採点!

24時間心拍数、血中酸素レベル測定、ストレスモニタリング、睡眠の質と昼寝を追跡など24時間365日の健康管理を計測することが可能です!

前の日に眠りについた時間や、深い眠りにいるか、睡眠時間はどのくらいかを計測して睡眠スコアを出してくれるので、質の良い睡眠だったのかが点数でわかるようになっています!

ルーク
装着していれば自動的に計測してくれるので、チェックするのが楽しみです!
自分では意識しづらい睡眠時のデータを見ることで、隠れた病気などの発見にもつながります!

【充実した機能】音楽コントロールやリモートシャッター機能!

【充実した機能】音楽コントロールやリモートシャッター機能!

【充実した機能】音楽コントロールやリモートシャッター機能!

他にもスマホで再生中の音楽をAmazfitからコントロールしたり、スマホのカメラをリモートでシャッターを切ってくれる機能など、日常が便利になる機能が盛りだくさんです!

日常生活が便利になる機能
天気、音楽コントロール、コンパス、リモート撮影、TO-DOリスト、アラーム、スマホを探す、ポモドーロタイマー(集中時間と休憩時間を設定し、作業効率向上させる)
ルーク
自分がよく使うのは音楽コントロール、アラーム、スマホを探すなどの機能です!
よくスマホを置いた場所を忘れてしまう時があるのですが、この機能で一瞬でわかるので便利です!笑

「Amazfit GTR Mini」のイマイチな点・注意点

「Amazfit GTR Mini」のイマイチな点・注意点

「Amazfit GTR Mini」のイマイチな点・注意点

イマイチな点・注意点
  • 付属のバンドが少しチープな印象はある…
  • 運動センサーの数や測位システムが減少…
  • 通話機能は未対応…
  • SMS返信/LINE返信はAndroidのみ対応…
  • リューズでの操作に対応していない…
  • Qiワイヤレス充電&急速充電には対応していない…
ルーク
ここからは実際に使用してみて、イマイチな点・注意点をご紹介します!

付属のバンドが少しチープな印象はある…

付属のバンドが少しチープな印象はある…

付属のバンドが少しチープな印象はある…

一般的な腕時計のバンドについている遊郭(ユウカク)がないバンドで、余ったバンドは中に仕舞い込む型となっている為、すっきりした印象になりますがチープ感が少しあります。

ルーク
バンド幅は20mmなので、お気に入りのバンドがあれば交換可能です!

運動センサーの数や測位システムが減少…

運動センサーの数や測位システムが減少…

運動センサーの数や測位システムが減少…

Amazfit GTR MiniとAmazfit GTR 4の大きな違いの一つとなるのが、「運動センサー」や「測位システム」の数や種類が違うと言う点です。

Amazfit GTR Mini Amazfit GTR 4
運動センサー 加速度センサー、3軸地磁気センサー、環境光センサー 加速度センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサー、気圧センサー、環境光センサー
測位システム 5衛星測位システム(GPS、GLONASS、GALILEO、BDS、QZSS) デュアルバンド & 6衛星測位システム

運動センサーは、ジャイロセンサーと気圧センサーが非搭載です。

気圧センサーは登山や釣りなどのアウトドアな趣味をお持ちの方であれば、万が一の際の危険を回避することも可能なので、気圧センサー付きのスマートウォッチの方がいいかと思います!

ルーク
なので、登山や釣りによく行く方は、Amazfit GTR Miniよりも、Amazfit GTR 4などの上位機種をオススメします!

また、測位システムはデュアルバンドがなくなり、衛星測位システムも6→5に減っています。

測位システムとは、人工衛星を利用して現在位置を計測するシステムで、現在地を示してくれますが、その制度に若干の差があります。

ルーク
高い建物が立ち並ぶ都会のビル群木が生い茂る森などでは「デュアルバンド & 6衛星測位システム」を持つAmazfit GTR 4の方が正確さは増しますが、通常のランニングコースなどではあまり気にならないかと思います。

通話機能は未対応…

通話機能は未対応…

通話機能は未対応…

Amazfit GTR 4 Amazfit GTR Mini
Bluetooth通話 受発信 着信通知のみ
Alexa 対応 非対応

上記画像は「Amazfit GTR 4」の画像ですが、「Amazfit GTR MINI」にはマイクがついていないので、通話機能は使うことができません。

また、アレクサでの音声操作にも対応していません。

ルーク
ビジネス用途でスマートウォッチからの通話などを視野に入れている方は注意です!
フラッグシップモデル「Amazfit GTR 4」のレビューはこちら!
【Amazfit GTR 4 レビュー】バンド交換&文字盤変更可能!大容量の475mAhバッテリーを搭載した最新スマートウォッチ!
【Amazfit GTR 4 レビュー】バンド交換&文字盤変更可能!大容量の475mAhバッテリーを搭載した最新スマートウォッチ!【アマズフィット】
2022.12.17

SMS返信/LINE返信はAndroidのみ対応…

アプリであらかじめ登録した定型文の中からスマートウォッチ上で返信が可能ですが、Androidのみ対応となっています。

ルーク
対応しているAndroidでも、あらかじめ登録した定型文の中からしか選択することはできません。
自由な内容をやりとりできるわけではないので注意が必要です。

リューズでの操作に対応していない…

リューズでの操作に対応していない…

リューズでの操作に対応していない…

「Amazfit GTR Mini」についているリューズはボタンのみの操作となり、上下への移動はタッチパネルで指をスライドさせて操作します。

ルーク
リューズでの操作はタップミスなどを防げるので、お気に入りだったのでちょっと残念…。
フラッグシップモデル「Amazfit GTR 4」のレビューはこちら!