PS4【オーディンスフィア レイヴスラシル】プレイした感想とレビュー!

オーディンスフィア レイヴスラシル キービジュアル
オーディンスフィア レイヴスラシル 公式サイトより引用

この記事を読むのに必要な時間は約 15 分です。

総評
美麗イラストだけの「雰囲気ゲー」じゃない、ストーリーも完成された北欧神話ベースのアクションRPGゲーム。

細かい部分での操作感は気になるところもあるが、それを消し去るほどの美しいイラストとBGMとストーリー。

「気になっていたけどまだやってない…。」という人には自信を持って「ぜひやって見てほしい」とオススメできるゲームです。

良かったところ
  • 北欧神話をベースとした世界観・ストーリー
  • 操作が簡単で爽快なアクション
  • 世界観にあったキャラクターデザイン・UIデザイン
  • ヨダレが出そうになるほど美味しそうなご飯イラスト
残念なところ
  • アイテムの拾い方が面倒
  • マップや敵キャラが使い回し

2016年に発売された北欧神話の世界観をベースに繰り広げられる「オーディンスフィア レイヴスラシル」。
PlayStation Storeにてセール中だったので、同じくアトラス×ヴァニラウェアソフトの「ドラゴンズクラウン・プロ」と同時に購入してみました!

2019年11月に発売予定の「十三機兵防衛圏 プロローグ」もアトラス×ヴァニラウェアソフトプロジェクトの一つ!

今からめっちゃ楽しみなんですが、新作発売前にアトラス×ヴァニラウェアソフトのゲームをやっておこう!という事で購入しました!

実は、パッケージイラストやPVを見てた頃から気になっていたゲームの一つだったんですが、見送ってしまっていたゲームです。。

過去に出ていたPS2「オーディンスフィア」をリメイクしたもので、過去作との違いは、映像がHDとなり美しくなったのはもちろん、操作方法や戦闘システムがより使いやすくなっているみたいです!

過去作ファンの方のためにもクラシックモードといって、操作方法などが昔のままのモードもあるそうです!

今回は「オーディンスフィア レイヴスラシル」を序盤まで進めた段階での評価とレビューをしたいと思います!

他のアトラス×ヴァニラウェアソフトの作品レビューはこちらかどうぞ〜!

PS4【 十三機兵防衛圏 プロローグ・体験版】の評価と感想!神ゲーな予感…。

2019.08.13

PS4【ドラゴンズクラウン・プロ】をプレイした感想とレビュー!

2019.08.20

オーディンスフィア レイヴスラシルってどんなゲーム?

主人公たちの物語を読む第六の主人公「アリス」

「オーディンスフィア レイヴスラシル」は北欧神話の世界観をベースに繰り広げられる横スクロールの2DアクションRPG!

屋根裏部屋にいる少女アリスからゲームはスタートし、主人公の一人「グウェンドリン」のストーリーを進めていくことになります。

それぞれ5人の主人公がおり、各々の生き様を絵本で読むようなイメージ。

ゲーム内の2Dビジュアルが本当に美しく、まさに「動く絵本」。
さすがヴァニラウェアと思えるイラストです。

個性豊かな5人の主人公

オーディンスフィア レイヴスラシルの5人の主人公

左から「メルセデス」「オズワルド」「グウェンドリン」「ベルベット」「コルネリウス」

それぞれ戦い方が異なる5人の主人公たちを操作できます。
最初は「グウェンドリン」のストーリーからスタートするので、操作は「グウェンドリン」で覚えることになります。

それぞれの主人公のストーリー中にも、他のキャラクターが登場してきて、ボス戦として戦うこともあります!
それぞれが独立したストーリーではなく、何らかで関わっていくことになりそうですね!

自分はまだグウェンドリンしか操作できていないので、オズワルドとかカッコいいキャラも早く動かしたい!

ルーク
自分はヴァルキリープロファイルが好きなので、北欧神話とかグウェンドリンのキャラデザとか、めっちゃ好み!!笑

オーディンスフィア レイヴスラシルのここが良い!

北欧神話をベースとした世界観・ストーリー・デザイン

グウェンドリンとその父オーダイン王

オーディンスフィア レイヴスラシルは「北欧神話」と「指輪物語」をモチーフにしているそうです。北欧神話っていいですよね!

グウェンドリンのモチーフは「ワルキューレ」。
ヴァルキリーとも言いますが、北欧神話では「戦場で生きる者と死ぬ者を選定」する者。

白鳥の羽衣を持つとされていて空を飛ぶというところからグウェンドリンにも白鳥の羽が付いていますね〜。

作中ではオーダインとなっていますが、北欧神話でいう「オーディン」の事ですね。
オーディンは2羽のカラスを従えていたので、オーダイン王にも黒い羽がつけられていて、ちょっと感動しましたw

また、知識を得るために片目を犠牲にしたとも言われていますが、オーダイン王も片目がなさそうな感じ…!

オーディンスフィア スキル習得画面

スキル習得画面。リアルでも欲しくなっちゃうアクセサリー見たいなデザイン!

UIデザインもゲームの世界観にあっていてめっちゃ綺麗なんです!

割とメニュー画面とかのUI部分に手を抜いているゲームとかありますけど、それ見るだけで結構「手抜きかな…。」って思っちゃいます。

でもオーディンスフィアのUI画面は宝石箱の様で、新たなスキルを得るたびにコレクター心というか、なんか嬉しくなっちゃうんですよねw

ルーク
幼い頃に綺麗な石とか集めたくなるみたいな…カードゲームしないけどキラカード集めちゃうとか…わかる人にはわかるかな!?w

操作が簡単で爽快なアクション

オーディンスフィア ボス戦闘シーン

ボスのドラゴンも大きく戦いがいがある!

基本的には四角ボタンと方向キーを押して通常攻撃でチェインを繋いでいく単純なアクションです。
誰でも簡単にできるシステムになっています!

丸ボタンでスキル技を使用したり、攻撃アイテムを使用するとより戦闘が楽しくなって来ます!

途中でスキルの設定画面がわからず困ってたんですが、L1ボタンでスキルの設定が出来る事を知りましたw

ルーク
チュートリアルでもやったのに!しっかり読んでないとこんな感じに忘れちゃいそうw

ちなみにアイテム使うときに円の形で出てくる奴、聖剣伝説シリーズを思い出すよね!w

ヨダレが出そうになるほど美味しそうなご飯イラスト

オムレツを食べるシーン

オムレツを食べるシーン

アトラス×ヴァニラウェアソフトといえば鉄板の美味しそうなご飯!

本当に夜にゲームやってご飯のイラスト出てくるとお腹すくんだよね!w
こればっかりは語らずとも見ていただければわかる!

マルベリーの実ミルフィーユ!

マルベリーの実のミルフィーユ!

ルーク
アトラス×ヴァニラウェアソフトの飯テロ最高!

オーディンスフィア レイヴスラシルのここがイマイチ!?

アイテム使用でもたつく・アイテムの拾い方が面倒

レベルアップで使うことになるマルベリーの実の食べ方だったり、種から成長させて実を育て、刈り取って食べるといったモーションが、リアリティがあるといえばそうなんですが、ゲーム進行のテンポをモタつかせている感じがありました。

1~2個食べるだけならそんなに感じませんが、一気に10個くらい食べていると、数十秒何もせずに待たされることになります。

まとめて食べる場合は1回のモーションで総合した分の経験値がもらえたりするようになったら良かったかも!

また、マップ上で現れるアイテムですが、これもアイテムの上を通り過ぎるだけじゃゲットできません。
アイテムの近くでしゃがむ必要があります。

たくさんアイテムが落ちていたらアイテムの数だけしゃがむ事になります!

この辺もマイクラとかみたいに近くを通ったらキャラに吸い込まれるような形でアイテムを取れたら良かったかな〜と思いました。

マップや敵キャラが使い回し

自分はまだ「グウェンドリン」しか操作出来ていませんが、他のキャラクターを操作している時も、同じ敵キャラや同じマップを使い回している様なので、ちょっと感動が薄れて来ちゃいそうですね。

根幹のバトル操作はキャラごとに違うので、新鮮味はあるかもしれませんが、ちょっとどうなるのか、進めて見てから再評価したいと思います!

オーディンスフィア レイヴスラシルのまとめ

まだグウェンドリンの章をやっただけの現状の感想ですが、ストーリーも深く、戦闘システムも簡単なのに爽快感があるのでとても面白いです!

他のキャラクターたちのストーリーでの関わりなど、どんどん先がきになるストーリーになっているので、続きがめっちゃ気になります!

現状では美麗イラストだけの「雰囲気ゲー」じゃない、ストーリーも完成されたアクションRPGゲームだなと思いました!

イラストに興味を持っている方はぜひやって見てほしいです!

ルーク
僕の推しキャラは「グウェンドリン」!銀髪に青い服とか最高…!


スポンサーリンク
スポンサーリンク