【Dangbei Mars Pro レビュー】テレビの代わりにもなる4K対応最大300インチの超高性能プロジェクター!【20,000円OFFクーポン有り!】

【Dangbei Mars Pro レビュー】テレビの代わりにもなる4K対応最大300インチの超高性能プロジェクター!【20,000円OFFクーポン有り!】
崩壊:スターレイル
崩壊:スターレイル
COGNOSPHERE PTE. LTD.posted withアプリーチ
レオ
4Kのホームプロジェクターってどんな映像なんだろう?
試して見たいけど高いから躊躇しちゃう…。

こんにちはルークです!

上記のような理由で、結構お高めのプロジェクターなどは手を出しづらいですよね…。

そこで今回は、「Dangbei Mars Pro」という3200ANSIルーメンの高輝度ホームプロジェクターをお借りすることができましたので、そのスペックがどんなものかレビューしていきたいと思います!

早速結論!
  • 日中でも見れるくらい明るいのでテレビの代わりもOK!
  • インターフェースが多いので、使い勝手がいい!
  • 高性能な補正機能付きなので、面倒な設定もいらない!
  • Google Playには非対応…でも解決策はアリ!
  • PS5のゲームでは遅延が発生した…
ルーク
価格が価格なだけに性能はめちゃくちゃハイスペックだと思います!
高性能なプロジェクターを探している方にはオススメできます!

一方で僕の環境ではゲームプレイに遅延が発生しました…。
ハードによって相性はあるのかもしれません…。

created by Rinker
Dangbei
レンタル品
  • 本記事で紹介している「Dangbei Mars Pro」は、メーカーのHangzhou Dangbei Network Technology様より、レンタル品をご提供頂きました。
▼【10,800円引き!】最大120インチのフルHDプロジェクター!【Emotn(エモートン) N1】
【Dangbei(ダンベイ) Emotn N1 レビュー】Netflix公式ライセンスを取得した最大120インチのフルHDプロジェクター!
【Dangbei Emotn(エモートン) N1 レビュー】Netflix公式ライセンスを取得した最大120インチのフルHDプロジェクター!【10,800円引き!】
2023.02.22

Dangbei(ダンベイ)ってどんなメーカー?

Dangbei(ダンベイ)ってどんなメーカー?

Dangbei(ダンベイ)ってどんなメーカー?

Dangbei(ダンベイ)は、Hangzhou Dangbei Network Technology Co., Ltdという企業名で、大画面向けのホームエンターテイメントサービスプロバイダーです。

2013年にTVネットワークプラットフォームとして開始し、2016年以降には大画面向けOSを開発し、 SONY、Samsung、LGなどの著名なグローバル企業に供給しているそうです。

現在は中国のトップ3に入るプロジェクターブランドとしての地位を確立している中国のメーカーです。

ルーク
同メーカーのポータブルプロジェクター「Emotn(エモートン) N1」は下記のページでレビューしているので、是非ご覧になってください。
▼【10,800円引き!】最大120インチのフルHDプロジェクター!【Emotn(エモートン) N1】
【Dangbei(ダンベイ) Emotn N1 レビュー】Netflix公式ライセンスを取得した最大120インチのフルHDプロジェクター!
【Dangbei Emotn(エモートン) N1 レビュー】Netflix公式ライセンスを取得した最大120インチのフルHDプロジェクター!【10,800円引き!】
2023.02.22

「Dangbei Mars Pro」の外観

「Dangbei Mars Pro」の外観

「Dangbei Mars Pro」の外観

まず、大胆なデザインが目を惹く外箱となっており、この時点でテンションの上がる見た目をしています!

ルーク
めちゃくちゃカッコイイデザイン!
Mars Proのロゴはラメ加工

Mars Proのロゴはラメ加工

Dongbeiのロゴもラメ加工

Dongbeiのロゴもラメ加工

箱はマットな質感の黒とシルバーでできており、ポイントとなるロゴの部分には、ラメ加工がされていてとても高級感があります!

上蓋はこの部分が開く

上蓋はこの部分が開く

箱のギミックも面白く、「え、ここから開くの!?」といった驚きがあって、開封するだけでワクワク感がありました。

蓋を開けるとまずは本体が現れる

蓋を開けるとまずは本体が現れる

そして箱を開けると、非常に艶のある2.5Dガラスを使用したプロジェクター上部が現れます。

2.5Dガラスとは、ガラスの端の角が丸くなってる状態のガラスのことを指します。

本体の下には付属品が収納されている。

本体の下には付属品が収納されている。

 そして本体下には、説明書やリモコン、電源ケーブルなどの付属品が収納されています。

created by Rinker
Dangbei

「Dangbei Mars Pro」の本体

「Dangbei Mars Pro」の本体

「Dangbei Mars Pro」の本体

「Dangbei Mars Pro」の本体は黒一色で、ポイントとなるロゴにはゴールドの光沢で作られています。

重量は‎4.6kgとずっしりくる重さです。

4Kのマークが印刷されている

4Kのマークが印刷されている

4K ULTRA HDに対応しているので、とても鮮明で綺麗な映像が投影可能です。

背面には各インターフェースが配置されている。

背面には各インターフェースが配置されている。

背面には各インターフェースが集まっており、HDMI2.0 x 1、HDMI eARC、USB x 2、LAN、S/PDIF、ヘッドホン端子などのさまざまなデバイスと接続が可能になっています。

底面には三脚用のネジ穴とアジャスター付きのゴム足が4つ

底面には三脚用のネジ穴とアジャスター付きのゴム足が4つ

本体の底面にはアジャスター機能がついたゴム足が4つと、三脚を取り付けるためのネジ穴がついています。

「Dangbei Mars Pro」のリモコン

「Dangbei Mars Pro」のリモコン

「Dangbei Mars Pro」のリモコン

リモコンは黒一色で全てプラスチック素材でできているので少しチープに感じます
音声入力機能はありません。

マウス切り替えボタンがついており、ブラウザ閲覧時などにマウスカーソルでの操作も可能になります。

単4電池が二つ必要。

単4電池が二つ必要。

電池は付属されていませんので、各自単4電池を二つ用意する必要があります。

ルーク
リモコンの質感はちょっとイマイチですね。

「Dangbei Mars Pro」の付属品・スペック

「Dangbei Mars Pro」の付属品

「Dangbei Mars Pro」の付属品

付属品
Mars Pro プロジェクター、電源アダプター、ACケーブル、リモコン、取扱説明書
スペック
Brand Dangbei
製品サイズ 24.6 x 20.9 x 17.3 cm; 4.6 kg
カラー ‎ブラック
インターフェース HDMI2.0 x 1、HDMI eARC、USB x 2、LAN、S/PDIF、ヘッドホン
解像度 ‎4096 x 2160
4K UHD Pixels
ワット数 ‎150 W
重量 ‎4.6 kg
created by Rinker
Dangbei

「Dangbei Mars Pro」のオススメな点!

メリット
  • 【キレイ】ほぼテレビ並み!3200ANSIルーメンではっきり映る!
  • 【スピーカー付き】10Wのデュアル内蔵スピーカー搭載!
  • 【便利】複数のデバイスに接続可能なインターフェース!
  • 【排熱】国産低温ファンで効率的な排熱!
  • 【自動障害物回避】空いているスペースに自動でサイズ調整!
  • 【3/29追記!】GooglePlayやNETFLIXに対応可能に!
ルーク
ここからは実際に使用してみて思ったオススメな点を紹介します!

【キレイ】ほぼテレビ並み!3200ANSIルーメンではっきり映る!

「Dangbei Mars Pro」:日中カーテンを開けた状態で投影

「Dangbei Mars Pro」:日中カーテンを開けた状態で投影

「Dangbei Mars Pro」:日中カーテンを閉めた状態で投影

「Dangbei Mars Pro」:日中カーテンを閉めた状態で投影

3200ANSIルーメンという脅威の明るさなので、昼間など明るい時間帯でも問題なくみることが可能です。白い画面が出てくると眩しくて目が痛くなるくらい明るいです!笑

一般的なLED方式とは違い、レーザー方式である点と、最高規格のALPD(Advanced Laser Phosphor Display)技術により、驚くほど高輝度な投影が可能になっています!

自分が持っているプロジェクター「XGIMI Elfin」が800ANSIルーメンなのですが、比較画像が下記となります。

「Dangbei Mars Pro」と「XGIMI Elfin」の比較

「Dangbei Mars Pro」と「XGIMI Elfin」の比較

ルーク
色の深みや明るさが段違いではっきり見えます!

ただし、プロジェクターの投影距離やサイズで明るさは変化するので、自分の設置環境などでも変わってくる部分かと思います。

私の環境では3mほど離して壁に投影していますが、めちゃくちゃ鮮明に投影されています。

ルーク
ここまで明るいと、テレビの代わりも全然できちゃうなーという印象です。

【スピーカー付き】10Wのデュアル内蔵スピーカー搭載!

【スピーカー付き】10Wのデュアル内蔵スピーカー搭載!

【スピーカー付き】10Wのデュアル内蔵スピーカー搭載!

Dangbei Mars Proのスピーカーは、10Wのデュアルスピーカーが両サイドの前側に搭載されています。

音質については、そこそこ低音も出ているため、なかなか迫力のあるような気がします。

ですが、外部スピーカーなどと比較すると、低音が弱く感じてしまうので、お気に入りのスピーカーをお持ちの方は、そちらを利用した方がいいと思います。

ルーク
個人的にはゲームも映画も内蔵スピーカーでもいいんじゃないかと思いました!

【便利】複数のデバイスに接続可能なインターフェース!

【便利】複数のデバイスに接続可能なインターフェース!

【便利】複数のデバイスに接続可能なインターフェース!

Dangbei Mars Proには、以下のような接続可能なインターフェースがあります。

  • HDMI x 2
  • USB 2.0 x 2
  • 光ファイバー出力(S/PDIF)
  • Ethernet(LAN)
  • 3.5mm オーディオ出力

USB端子も二つついているため、外部ストレージから動画を読み込んで再生したり、ストレージドングルの電源も確保することができます。

ルーク
個人的にはHDMIが2口ついているのが嬉しい!
ゲームや映画などの切り替えもリモコンで切り替えられるので便利!

【排熱】国産低温ファンで効率的な排熱!

【排熱】国産低温ファンで効率的な排熱!

【排熱】国産低温ファンで効率的な排熱!

Dangbei Mars Proの排熱口は、本体の側面に2つの排熱口が設置されており、内部の熱気を外部に放出するための空気の通り道となっています。

ボディの左から外気を吸い込み、右からは温風が出ることによって効率的に排熱処理を行なっているため、熱暴走などが起こりにくく設計されています。

また、静音性にも優れており、ファンの音などもとても静かです。

ルーク
長時間使っていても本体が熱くなりにくいのはとってもおすすめポイント!
説明には左右の温風と冷風を交換するとありましたが、自分が使った限りだと、本体左から外気を取り込んで、右から排熱しているようでした。

【自動障害物回避】空いているスペースに自動でサイズ調整!

【自動障害物回避】空いているスペースに自動でサイズ調整!

【自動障害物回避】空いているスペースに自動でサイズ調整!

自動障害物回避機能が付いているため、投影面上のあらゆる障害物を認識し、壁面のスイッチや壁の絵、壁のコーナーまでを自動で回避することが可能です!

自動障害物回避機能+自動台形補正機能

自動障害物回避+自動台形補正機能

オートフォーカス機能

オートフォーカス機能

さらに、オートフォーカス&上下左右45度自動台形補正機能が付いているため、瞬時に壁面に映像を映し出します。

ルーク
壁に広いスペースがなかったり、物が多くごちゃっとした部屋でも、空いているスペースを自動で認識し調整してくれるので、この機能はプロジェクターには必須級です!

【3/29追記!】GooglePlayやNETFLIXに対応可能に!

【3/29追記!】GooglePlayやNETFLIXに対応可能に!

【3/29追記!】GooglePlayやNETFLIXに対応可能に!

ドングルなどを使わずにGooglePlayやNETFLIXを利用する方法がありましたのでご紹介します!

まず、Communityというアプリを起動すると、下記の動画コンテンツが入っています。

動画コンテンツ
  • NETFLIXのロックを解除する方法
  • Googleサービスをインストールする方法

上記の動画と添付されている.apkファイルをダウンロードして起動するだけの簡単手順でNETFLIXとGoogle Playが簡単に使えるようになっちゃいます!

ルーク
これはかなり便利!早速手順を下記より紹介します!
  • STEP1
    「Community」アプリを起動
    ホーム画面より「Community」アプリを起動

    ホーム画面より「Community」アプリを起動

    ホーム画面より「Community」アプリを起動します。

    2つの動画ファイルが入っており、今回は右のコンテンツを選ぶ

    2つの動画ファイルが入っており、今回は右のコンテンツを選ぶ

    NETFLIXのロック解除したい方は左の、GooglePlayをインストールしたい方は右のコンテンツを選択します。
    今回は、右のコンテンツを選択していきます。

  • STEP2
    添付されている.apkファイルをダウンロード
    動画が流れると同時に左画面にダウンロードできるデータがあるので選択します。

    動画が流れると同時に左画面にダウンロードできるデータがあるので選択します。

    コンテンツを選択すると、動画が流れ始めます。
    インストール方法などがわからない方はまずはみてみることをお勧めします。

    動画再生中は上部分にリンクがあるためカーソルを合わせてボタンを押す

    動画再生中は上部分にリンクがあるためカーソルを合わせてボタンを押す

    必要な.apkファイルはその場でダウンロード可能です。
    動画再生中はダウンロードリンクが上に移動しているので、そちらにカーソルを合わせてボタンを押します。

    ボタンを押すとこの画面に遷移するので「インストール」を押す。

    ボタンを押すとこの画面に遷移するので「インストール」を押す。

    必要な.apkファイルはその場でダウンロード可能です。
    動画再生中はダウンロードリンクが上に移動しているので、そちらにカーソルを合わせてボタンを押します。